Previous Entry | Next Entry

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

塩の街

評価:
有川 浩
メディアワークス
¥ 1,680
(2007-06)
Amazonおすすめ度:

塩が世界を埋め尽くす塩害の時代。塩は着々と街を飲み込み、社会を崩壊させようとしていた―。“自衛隊三部作”の『陸』にもあたる、有川浩の原点。デビュー作に、番外編短編四篇を加えた大ボリュームで登場。第10回電撃小説大賞“大賞”受賞作を大幅改稿。


 人間が塩にかわっていく塩害。軍人の秋葉と高校生の真奈は厳しい時代のなかで恋をする。
 さすが有川氏、分厚い。読みはじめるのにちょっと躊躇してしまうくらい厚い。でも読みはじめるととまらなくなるくらいおもしろい。
 秋葉さん、「図書館戦争」の堂上ぽい! すごいそっけないんだけどじつは優しい。最初は秋葉さんて冷たいひとかと思ってたんだけど、ぜんぜんちがう。真奈が塩になるのが怖いから、塩の結晶を壊しにいく。世界のためじゃなく、真奈のために。

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -

Comment






 



CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
OTHER