Previous Entry | Next Entry

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

夜は短し歩けよ乙女

評価:
森見 登美彦
角川書店
¥ 1,575
(2006-11-29)
Amazonおすすめ度:
私はなるべく彼女の目にとまるよう心がけてきた。吉田神社で、出町柳駅で、百万遍交差点で、銀閣寺で、哲学の道で、「偶然の」出逢いは頻発した。我ながらあからさまに怪しいのである。そんなにあらゆる街角に、俺が立っているはずがない。「ま、たまたま通りかかったもんだから」という台詞を喉から血が出るほど繰り返す私に、彼女は天真爛漫な笑みをもって応え続けた。「あ!先輩、奇遇ですねえ!」…「黒髪の乙女」に片想いしてしまった「先輩」。二人を待ち受けるのは、奇々怪々なる面々が起こす珍事件の数々、そして運命の大転回だった。天然キャラ女子に萌える男子の純情!キュートで奇抜な恋愛小説in京都。



 以前この作家の本を読んだ際、文体が馴染めないという感想を書いたけれど……なんか……クセになってきているような気が……。
 テンポがよくて読みやすい! 黒髪の乙女に恋する先輩が必死でかわいい。最後まで名前は出てこないんだね。なんであんなに達磨に固執するんだろう……?

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -

Comment






 



CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
OTHER