Previous Entry | Next Entry

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

心霊探偵八雲〈1〉赤い瞳は知っている (角川文庫)

学内で幽霊騒動に巻き込まれた友人について相談するため、晴香は、不思議な力を持つ男がいるという「映画同好会」を訪ねた。しかしそこで彼女を出迎えたのは、ひどい寝癖と眠そうな目をした、スカした青年。思い切って相談を持ちかける晴香だったが!?女子大生監禁殺人事件、自殺偽装殺人…次々と起こる怪事件に、死者の魂を見ることができる名探偵・斉藤八雲が挑む、驚異のハイスピード・スピリチュアル・ミステリー登場。

ファイル1 開かずの間/ファイル2 トンネルの闇/ファイル3 死者からの伝言/添付ファイル 忘れ物



 単行本で既読だったけど、文庫化で書き下ろしありということなのでもう一度読んだ。
 書き下ろしの「忘れ物」――図書館で本を探している八雲。本のなか挟まっていたのは、亡くなった少女が家族に遺した手紙だった――。
評価:
神永 学
角川書店
¥ 580
(2008-03-25)
Amazonおすすめ度:

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -

Comment






 



CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
OTHER