スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

精霊探偵 (新潮文庫)

評価:
梶尾 真治
新潮社
¥ 620
(2008-01-29)
Amazonおすすめ度:
交通事故で同乗の愛する妻を亡くして以来、なぜか私には人の背後霊が見えるようになってしまった。特殊な能力を見込まれて、人捜しを依頼された私は、どこかで妻の霊に会えることを期待して探偵のまねごとを始める。だが、手がかりの奇妙なカードをめぐり、不穏な出来事が次々と起こり―。驚きのラストが待ちうける、ちょっと不思議でほんわか切ないスピリチュアル・ミステリー。

黄泉びと知らず (新潮文庫)

評価:
梶尾 真治
新潮社
¥ 500
(2003-07)
Amazonおすすめ度:
感動再び!原作でも映画でも描かれなかった、もう一つの『黄泉がえり』。不思議なことが起きていると聞いた。熊本のある地域で、死者が蘇るというのだ。もう一度だけ、あの子に逢いたい―。事故で亡くした子供を生き返らせるべく、別れた夫婦が再会し、熊本へ向かう。再生への祈りを込めた旅路を描く表題作ほか、短編の名手と謳われるカジシンの魅力満載で贈るオリジナル文庫。

黄泉がえり (新潮文庫)

あの人にも黄泉がえってほしい―。熊本で起きた不思議な現象。老いも若きも、子供も大人も、死んだ当時そのままの姿で生き返る。間違いなく本人なのだが、しかしどこか微妙に違和感が。喜びながらも戸惑う家族、友人。混乱する行政。そして“黄泉がえった”当の本人もまた新たな悩みを抱え…。彼らに安息の地はあるのか、迫るカウントダウン。「泣けるリアルホラー」、一大巨編。
評価:
梶尾 真治
新潮社
¥ 660
(2002-11)
Amazonおすすめ度:




CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
OTHER