スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

刺繍する少女 (角川文庫)

評価:
小川 洋子
角川書店
¥ 620
(1999-08)
Amazonおすすめ度:
母がいるホスピスで僕は子供の頃高原で遊んだ少女に再会、彼女は虫を一匹一匹つぶすように刺繍をしていた―。喘息患者の私は第三火曜日に見知らぬ男に抱かれ、発作が起きる―。宿主を見つけたら目玉を捨ててしまう寄生虫のように生きようとする女―。死、狂気、奇異が棲みついた美しくも恐ろしい十の「残酷物語」。

密やかな結晶 (講談社文庫)

評価:
小川 洋子
講談社
¥ 720
(1999-08)
Amazonおすすめ度:
記憶狩りによって消滅が静かにすすむ島の生活。人は何をなくしたのかさえ思い出せない。何かをなくした小説ばかり書いているわたしも、言葉を、自分自身を確実に失っていった。有機物であることの人間の哀しみを澄んだまなざしで見つめ、現代の消滅、空無への願望を、美しく危険な情況の中で描く傑作長編。

薬指の標本 (新潮文庫)

評価:
小川 洋子
新潮社
¥ 380
(1997-12)
Amazonおすすめ度:
楽譜に書かれた音、愛鳥の骨、火傷の傷跡…。人々が思い出の品々を持ち込む「標本室」で働いているわたしは、ある日標本技術士に素敵な靴をプレゼントされた。「毎日その靴をはいてほしい。とにかくずっとだ。いいね」靴はあまりにも足にぴったりで、そしてわたしは…。奇妙な、そしてあまりにもひそやかなふたりの愛。恋愛の痛みと恍惚を透明感漂う文章で描いた珠玉の二篇。



CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
OTHER