スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

江戸川乱歩傑作選 (新潮文庫)

『人間椅子』? 『芋虫』? 怪奇に満ちた乱歩ワールドを、覗いてみますか?
日本における本格探偵小説を確立したばかりではなく、恐怖小説とでも呼ぶべき芸術小説をも創り出した乱歩の初期を代表する傑作9編を収める。特異な暗号コードによる巧妙なトリックを用いた処女作『二銭銅貨』、苦痛と快楽と惨劇を描いて著者の怪奇趣味の極限を代表する『芋虫』、他に『二癈人』『D坂の殺人事件』『心理試験』『赤い部屋』『屋根裏の散歩者』『人間椅子』『鏡地獄』。
評価:
江戸川 乱歩
新潮社
¥ 540
(1960-12)
Amazonおすすめ度:




CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
OTHER