スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

ダナエ (文春文庫)

評価:
藤原 伊織
文藝春秋
¥ 510
(2009-05-08)
Amazonおすすめ度:

世界的な評価を得た画家・宇佐美の個展で、財界の大物である義父を描いた肖像画が、切り裂かれ硫酸をかけられるという事件が起きた。犯人はどうやら少女で、「これは予行演習だ」と告げる。宇佐美の妻は、娘を前夫のもとに残していた。彼女が犯人なのか―。著者の代表作といえる傑作中篇など全3篇収録。 ダナエ/まぼろしの虹/水母

名残り火 (てのひらの闇 (2))

評価:
藤原 伊織
文芸春秋
¥ 1,700
(2007-09)
Amazonおすすめ度:
かつての同僚で無二の親友が殺された。遺された男は真相解明に動き出す。やがて見えてきた恐るべき陰謀。そこには、流通業界に横たわる新たな闇が…。最後まで推敲を続けた、著者の遺作にして最高傑作。



「てのひらの闇」の続編。

雪が降る (講談社文庫)

評価:
藤原 伊織
講談社
¥ 620
(2001-06)
Amazonおすすめ度:
母を殺したのは、志村さん、あなたですね。少年から届いた短いメールが男の封印された記憶をよみがえらせた。苦い青春の日々と灰色の現在が交錯するとき放たれた一瞬の光芒をとらえた表題作をはじめ、取りかえようのない過去を抱えて生きるほかない人生の真実をあざやかに浮かびあがらせた、珠玉の六篇。


「台風」★★★★☆
「雪が降る」★★★★☆
「銀の塩」★★★☆☆
「トマト」★★☆☆☆
「紅の樹」★★★★★
「ダリアの夏」★★★☆☆

てのひらの闇 (文春文庫)

評価:
藤原 伊織
文藝春秋
¥ 660
(2002-11)
Amazonおすすめ度:
飲料会社宣伝部課長・堀江はある日、会長・石崎から人命救助の場面を偶然写したというビデオテープを渡され、これを広告に使えないかと打診されるが、それがCG合成である事を見抜き、指摘する。その夜、会長は自殺した!!堀江は20年前に石崎から受けたある恩に報いるため、その死の謎を解明すべく動き出すが…。

ひまわりの祝祭 (講談社文庫)

評価:
藤原 伊織
講談社
¥ 790
(2000-06)
Amazonおすすめ度:
自殺した妻は妊娠を隠していた。何年か経ち彼女にそっくりな女と出会った秋山だが、突然まわりが騒々しくなる。ヤクザ、闇の大物、昔の会社のスポンサー筋などの影がちらつく中、キーワードはゴッホの「ひまわり」だと気づくが…。名作『テロリストのパラソル』をしのぐ、ハードボイルド・ミステリーの傑作長編。

テロリストのパラソル (角川文庫)

アル中バーテンダーの島村は、過去を隠し二十年以上もひっそり暮らしてきたが、新宿中央公園の爆弾テロに遭遇してから生活が急転する。ヤクザの浅井、爆発で死んだ昔の恋人の娘・塔子らが次々と店を訪れた。知らぬ間に巻き込まれ犯人を捜すことになった男が見た真実とは…。史上初の第41回江戸川乱歩賞・第114回直木賞受賞作。
評価:
藤原 伊織
角川書店
¥ 620
(2007-05)
Amazonおすすめ度:




CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
OTHER