スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

警官の血〈下〉 (新潮文庫)

評価:
佐々木 譲
新潮社
¥ 660
(2009-12-24)
Amazonおすすめ度:

安城民雄は、駐在として谷中へと還ってきた。心の傷は未だ癒えてはいない。だが清二が愛した町で力を尽くした。ある日、立てこもり事件が発生し、民雄はたったひとりで現場に乗り込んだのだが―。そして、安城和也もまた、祖父、父と同じ道を選んだ。警視庁捜査四課の一員として組織暴力と対峙する彼は、密命を帯びていた。ミステリ史にその名を刻む警察小説、堂々たる完結篇。

警官の血〈上〉 (新潮文庫)

評価:
佐々木 譲
新潮社
¥ 660
(2009-12-24)
Amazonおすすめ度:

昭和二十三年、警察官として歩みはじめた安城清二は、やがて谷中の天王寺駐在所に配属される。人情味溢れる駐在だった。だが五重の塔が火災に遭った夜、謎の死を遂げる。その長男・安城民雄も父の跡を追うように警察学校へ。だが卒業後、その血を見込まれ、過酷な任務を与えられる。大学生として新左翼運動に潜りこめ、というのだ。三代の警官の魂を描く、空前絶後の大河ミステリ。



CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
OTHER