スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

新選組血風録 (角川文庫)

評価:
司馬 遼太郎
角川書店
¥ 860
(2003-11)
Amazonおすすめ度:

勤皇か佐幕か、血なまぐさい抗争に明け暮れる維新前夜の京都に、その治安維持を任務として組織された剣客集団、新選組。名刀の真贋を軸に近藤勇の不敗神話を描く「虎徹」、赤穂浪士討ち入り以来の屈折した心情に迫る「池田屋異聞」、悲恋に涙する剣士の素顔を綴る「沖田総司の恋」など、「誠」の旗印に参集した男たちの内面を通して、歴史小説の第一人者がその実像を浮き彫りにする。活字が大きく読みやすい新装版。


 新選組短編集。

燃えよ剣〈上〉 (新潮文庫)

評価:
司馬 遼太郎
新潮社
¥ 780
(1972-05)
Amazonおすすめ度:

幕末の動乱期を新選組副長として剣に生き剣に死んだ男、土方歳三の華麗なまでに頑な生涯を描く。武州石田村の百姓の子“バラガキのトシ”は、生来の喧嘩好きと組織作りの天性によって、浪人や百姓上りの寄せ集めにすぎなかった新選組を、当時最強の人間集団へと作りあげ、己れも思い及ばなかった波紋を日本の歴史に投じてゆく。「竜馬がゆく」と並び、“幕末もの”の頂点をなす長編。



CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
OTHER