スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

裂けて海峡 (新潮文庫)

評価:
志水 辰夫
新潮社
¥ 620
(2004-08)
Amazonおすすめ度:

海峡で消息を絶ったのは、弟に船長を任せた船だった。乗組員は全て死亡したと聞く。遭難の原因は不明。遺族を弔問するため旅に出た長尾の視界に、男たちの影がちらつき始める。やがて彼は愛する女と共に大きな渦に飲み込まれてゆくのだった。歳月を費やしようやく向かいあえた男女を、圧し潰そうとする“国家”。運命の夜、閃光が海を裂き、人びとの横顔をくっきりと照らし出す。


 弟の死を不審に思った長尾はその謎を解明すべく遺族のもとへ旅に立つが、それによって国家権力に追われるようになる。
 最初は若干退屈気味だったが、だんだんと引きつけられるようになっていった。



CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
OTHER