スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

空中ブランコ (文春文庫)

評価:
奥田 英朗
文藝春秋
¥ 500
(2008-01-10)
Amazonおすすめ度:

伊良部総合病院地下の神経科には、跳べなくなったサーカスの空中ブランコ乗り、尖端恐怖症のやくざなど、今日も悩める患者たちが訪れる。だが色白でデブの担当医・伊良部一郎には妙な性癖が…。この男、泣く子も黙るトンデモ精神科医か、はたまた病める者は癒やされる名医か!?直木賞受賞、絶好調の大人気シリーズ第2弾。


○空中ブランコ
 飛べなくなった空中ブランコ乗り。

○ハリネズミ
 先端恐怖症のヤクザ。

○義父のヅラ
 義父のヅラをはがしたいという破壊衝動がこらえきれない精神科医。

○ホットコーナー
 投げられなくなったプロ野球選手。

○女流作家
 書けなくなった女流作家。


 伊良部先生シリーズ第二弾。伊良部先生の破天荒ぶりが好きだ。

イン・ザ・プール (文春文庫)

評価:
奥田 英朗
文藝春秋
¥ 530
(2006-03-10)
Amazonおすすめ度:

「いらっしゃーい」。伊良部総合病院地下にある神経科を訪ねた患者たちは、甲高い声に迎えられる。色白で太ったその精神科医の名は伊良部一郎。そしてそこで待ち受ける前代未聞の体験。プール依存症、陰茎強直症、妄想癖…訪れる人々も変だが、治療する医者のほうがもっと変。こいつは利口か、馬鹿か?名医か、ヤブ医者か。


○イン・ザ・プール
 心身症と診断された和雄は、伊良部に運動を勧められて仕事帰りにプールへ行くことにしたが、徐々に水泳にはまっていってしまう。

○勃ちっ放し
 陰茎強直症になった哲也。すこしの期間結婚していた風俗嬢と離婚調停中の伊良部のふたりが激しく言い争うのを見て、哲也は自分が感情を露にすることがなく、起こる能力がないため性器がかわりに怒っているのだと考える。

○コンパニオン
イベント・コンパニオンの広美は最近人の視線を感じるようになった。友人に勧められて伊良部の元へ。自分が自意識過剰であることに気づかず、友人に指摘されても否定し、あげくオーディションに失敗。事務所を解雇され、ようやくストーカーが被害妄想であることに気づいた。

○フレンズ
 携帯依存症の雄太。友達からメールが入っていないかと、携帯をずっと持っていないと不安になってしまう。

○いてもたっても
 強迫神経症の義雄。煙草の火をちゃんと消したかどうか心配で外出するのに時間がかかる。


 伊良部って色白で太って注射フェチでマザコンのなんかしょーもない精神科医なんだけど、なんだかんだで患者の病気を治してしまう、不思議な人。
「イン・ザ・プール」ではプールにはまった和雄から話を聞いて、伊良部自身も毎日プール漬けになるし、「勃ちっ放し」では不倫した奥さんに何も言えなかった哲也のまえで、短期間の間に結婚していた奥さんを伊良部は売女呼ばわりするし、「コンパニオン」では伊良部もなぜかオーディションに出ちゃうし、「フレンズ」ではそれまで携帯を持っていなかったのに雄太の携帯を手にしたとたんはまったらしく、大量の携帯を買いそろえてしまい、「いてもたっても」ではとなりの病院に石ころを投げつけて、これくらいばれやしないと心配する義雄に荒療治するしまつ。
 患者と微妙にシンクロしているのは計算しているのか本気でやっているのか、めちゃくちゃなことをやっても結果オーライだからまあいいかと思わせてしまうなんだか憎めない先生。



CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
OTHER