スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

生き屏風 (角川ホラー文庫)

評価:
田辺 青蛙
角川グループパブリッシング
¥ 500
(2008-10-25)
Amazonおすすめ度:

村はずれで暮らす妖鬼の皐月に、奇妙な依頼が持ち込まれた。病で死んだ酒屋の奥方の霊が屏風に宿り、夏になると屏風が喋るのだという。屏風の奥方はわがままで、家中が手を焼いている。そこで皐月に屏風の話相手をしてほしいというのだ。嫌々ながら出かけた皐月だが、次第に屏風の奥方と打ち解けるようになっていき―。しみじみと心に染みる、不思議な魅力の幻妖小説。第15回日本ホラー小説大賞短編賞受賞作。 生き屏風/猫雪/狐妖の宴


 ホラーっていう感じはしなかった。怖さはない。なんだかしゃばけみたいだと思った。
 馬(名前は布団)の首のなかで眠る妖鬼の皐月がかわいらしい。



CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
OTHER