スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

少女 (ハヤカワ・ミステリワールド)

評価:
湊 かなえ
早川書房
¥ 1,470
(2009-01-23)
Amazonおすすめ度:

高2の夏休み前、由紀と敦子は転入生の紫織から衝撃的な話を聞く。彼女はかつて親友の自殺を目にしたというのだ。その告白に魅せられた二人の胸にある思いが浮かぶ――「人が死ぬ瞬間を見たい」。由紀は病院へボランティアに行き、重病の少年の死を、敦子は老人ホームで手伝いをし、入居者の死を目撃しようとする。少女たちの無垢な好奇心から始まった夏が、複雑な因果の果てにむかえた衝撃の結末とは?


 視点が由紀と敦子のふたり、いったりきたりでちょっと読みづらかったかも。『告白』のほうがおもしろかったかな。

贖罪 (ミステリ・フロンティア)

評価:
湊 かなえ
東京創元社
¥ 1,470
(2009-06-11)
Amazonおすすめ度:

取り柄と言えるのはきれいな空気、夕方六時には「グリーンスリーブス」のメロディ。そんな穏やかな田舎町で起きた、惨たらしい美少女殺害事件。犯人と目される男の顔をどうしても思い出せない四人の少女たちに投げつけられた激情の言葉が、彼女たちの運命を大きく狂わせることになる―これで約束は、果たせたことになるのでしょうか?衝撃のベストセラー『告白』の著者が、悲劇の連鎖の中で「罪」と「贖罪」の意味を問う、迫真の連作ミステリ。本屋大賞受賞後第一作。

告白

評価:
湊 かなえ
双葉社
¥ 1,470
(2008-08-05)
Amazonおすすめ度:
愛美は事故で死んだのではありません。このクラスの生徒に殺されたのです。第29回小説推理新人賞受賞。

我が子を校内で亡くした女性教師が、終業式のHRで犯人である少年を指し示す。ひとつの事件をモノローグ形式で「級友」「犯人」「犯人の家族」から、それぞれ語らせ真相に迫る。



第一章 聖職者……森口悠子
第二章 殉教者……美月
第三章 慈愛者……下村直の母・姉
第四章 求道者……下村直
第五章 信奉者……渡辺修哉
第六章 伝道者……森口悠子



CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
OTHER