スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

まほうの電車 (角川文庫)

評価:
堀田 あけみ
角川書店
(1996-01)
Amazonおすすめ度:
“こんな恋の始まりかたがあるなんて―”失恋したてのひめこの前に現われたタツヤ。五歳年下のタツヤにいままでにない新鮮な気持ちをもち始めるひめこだが…。恋は各駅停車の電車のようにゆっくりとやってきた。恋する女性の気持ちを純粋にうたいあげた恋愛小説。



 すごく時代を感じる小説。
 ラスト、ひめことタツヤのふたりの会話がみたかったな。ミヤコは好かない。



CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
OTHER