スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)

夏休みを迎える終業式の日。先生に頼まれ、欠席した級友の家を訪れた。きい、きい。妙な音が聞こえる。S君は首を吊って死んでいた。だがその衝撃もつかの間、彼の死体は忽然と消えてしまう。一週間後、S君はあるものに姿を変えて現れた。「僕は殺されたんだ」と訴えながら。僕は妹のミカと、彼の無念を晴らすため、事件を追いはじめた。あなたの目の前に広がる、もう一つの夏休み。



 すごい世界観。いろいろ騙された……。後半からはつづきが気になってしまい、一気読み。
 つづきからネタバレ。
評価:
道尾 秀介
新潮社
¥ 660
(2008-07-29)
Amazonおすすめ度:

続きを読む >>



CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
OTHER