スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

黒死館殺人事件 (河出文庫)

黒死館の当主降矢木算哲博士の自殺後、屋敷住人を血腥い連続殺人事件が襲う。奇々怪々な殺人事件の謎に、刑事弁護士・法水麟太郎がエンサイクロペディックな学識を駆使して挑む。江戸川乱歩も絶賛した本邦三大ミステリのひとつ、悪魔学と神秘科学の結晶した、めくるめく一大ペダントリー。



 内容の五分の一も理解できない。想像以上にむずかしかった。なんで殺されたのかとかどうやって殺されたのかとかさっぱり意味不明。
評価:
小栗 虫太郎
河出書房新社
¥ 945
(2008-05-02)
Amazonおすすめ度:




CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
OTHER