スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

私たちの退屈な日々 (双葉文庫)

評価:
多島 斗志之
双葉社
¥ 610
(2009-04-16)
Amazonおすすめ度:

女はこわいと言うけれど、本当のこわさをあなたは知らない。―ある芸能人のファンになってしまった私。彼に会いたい一心で、ついに自宅をつきとめたが… 「取り憑く」。夫が会社をクビになる。理由を聞いても納得できない私がとった行動とは…「ねじこむ」など、平凡な日常を送っていた女性が遭遇する7つの出来事。読み始めたら止まらなくなること必至の傑作短編集が、堂々の登場!あなたの友人に、こんな女性がいたらどうしますか。



○取り憑く
 友人に付きあい観に行った演劇で、若い俳優に心を奪われ、自宅まで探しだしてしまう。酔っ払った彼を解放したのに、しかし彼は怯えて逃げる一方で……。

○めぐりあい
 高校時代のボーイフレンドと再会し、ホテルへ行ってしまった。そのうちに彼が豹変していき……。

○教え子
 夫の甥が、かつての教え子だった女性と結婚した。彼女は、売春をやるような問題児だった……。

○預け物
 病死した友人に預けていた絵を探すその理由とは……。

○記憶
 ぼけた父親が徘徊して穴を掘りに行く。そこにはいったいなにが埋まっているのか……。

○旅の会話
 自分の不幸を語りあう。そのうちのひとりが、自分の殺人を語りだす……。

○ねじこむ
 夫が会社をクビになるかもしれないということを聞いて、上司のもとへ駆けつける……。

少年たちのおだやかな日々 (双葉文庫)

評価:
多島 斗志之
双葉社
¥ 500
(1999-08)
Amazonおすすめ度:
おもしろ怖い絶品。

言いません/ガラス/罰ゲーム/ヒッチハイク/かかってる?/嘘だろ/言いなさい



 図書館で借りたものと商品画像がちがうんだけど……まあいいか。
 スプラッタが苦手な自分としては「ガラス」「罰ゲーム」はちょっときもちわるかったかな。でもちょっぴりホラーテイストな内容がおもしろかったからよし。「言いなさい」はいまいちよくわからなかったかな……?



CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
OTHER