スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

白の処刑 (講談社文庫)

評価:
太田 蘭三
講談社
¥ 750
(2004-01)
Amazonおすすめ度:
秋川渓谷での連続強姦殺人の容疑者となった石破は、強要された一度だけの自白で、必死の抗弁も空しく死刑が確定してしまった。塀の外で無実を信じてくれるのは、想いを寄せる血の繋がらない妹だけ。二人は脱獄を企てるが自由もつかの間、ついに処刑の朝を迎えて…。絶望からの脱出を描く傑作サスペンス。



 冤罪、脱獄、そして死刑へとつづく物語。処刑された石破はしかし、死亡確認されたにもかかわらず息を吹き返す。釈放された石破はその後真犯人をつきとめようと事件に関係のある人間のもとへ訪ねていく。
 てっきり刑務所のなかで妹と真犯人を考え、脱獄するのは犯人を捕まえるためかと思いきや、シャバに出るなり妹とセックスに耽ってるというのがなんか拍子抜け……。思っていたものとちがったかな……。



CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
OTHER