スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

蛇にピアス (集英社文庫)

「スプリットタンって知ってる?」そう言って、男は蛇のように二つに割れた舌を出した―。その男アマと同棲しながらサディストの彫り師シバとも関係をもつルイ。彼女は自らも舌にピアスを入れ、刺青を彫り、「身体改造」にはまっていく。痛みと快楽、暴力と死、激しい愛と絶望。今を生きる者たちの生の本質を鮮烈に描き、すばる文学賞と芥川賞を受賞した、金原ひとみの衝撃のデビュー作。



 彼氏がイタズラされて殺されるくだりは舞城氏の「ピコーン!」を思い出した。
評価:
金原 ひとみ
集英社
¥ 400
(2006-06)
Amazonおすすめ度:




CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
OTHER