スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

火天風神 (光文社文庫)

評価:
若竹 七海
光文社
¥ 800
(2006-08-10)
Amazonおすすめ度:

最大瞬間風速70メートル超。観測史上最大級の大型台風が三浦半島を直撃した。電話も電気も不通、陸路も遮断され、孤立したリゾートマンション。猛る風と迸る雨は、十数人の滞在客たちを恐怖と絶望のどん底に突き落としてゆく。そして、空室からは死体が見つかって…。殺人なのか?そして犯人はこの中に!?謎とサスペンスに満ちた傑作パニック小説。



 舞台は三崎半島にあるリゾートマンション、しらぬいハウス。本作の主な登場人物は、フリーライター、その甥の中学二年生、夫から逃げ出した主婦、聴力障害者の女の子、セールスマンと女子大生の不倫カップル、大学生の映画研究会メンバー、興信所所員、そしてろくでなしの管理人である。
 この管理人の杉田がものすごくいやな奴というかキレててかなり胸糞悪かった。こういう人間ってなんでこうしぶといんだろう。こいつのせいで★四つ!

 人間や車が飛ばされるほどの台風をいままで体験したことがないせいかリアリティに欠けたところもあったけど、実際にこんな台風がきたら怖ろしいなあ。

クール・キャンデー (祥伝社文庫)

「兄貴は無実だ。あたしが証明してやる!」誕生日と夏休みの初日を明日に控え、胸弾ませていた中学生の渚。だが、愉しみは儚く消えた。ストーカーに襲われ重態だった兄嫁が他界し、さらに、同時刻にそのストーカーも変死したのだ。しかも、警察は動機充分の兄良輔を殺人犯として疑っている!はたして兄のアリバイは?渚は人生最悪のシーズンを乗り切れるか。



 なるほどそっちか! そっちの方面はまったく考えてなかった……。
評価:
若竹 七海
祥伝社
¥ 400
(2000-10)
Amazonおすすめ度:




CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
OTHER