スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

花のように愛は降る (リーフノベルズ)

評価:
高岡 ミズミ
リーフ出版
(2003-12-05)
Amazonおすすめ度:
失恋をして、ふらりとバーに立ち寄った伊月は、大人の魅力あふれる男に誘われるまま、身体を重ねてしまう。経験豊富な男に翻弄され、強烈な快感を与えられた伊月。その熱い抱擁は、束の間、苦しさを忘れさせてくれた。そんな中、辛い恋を断ち切ろうと転職を決意した伊月に、思わぬ再会が待ち受けていた。新しい会社の社長が、なんとあの夜の男だったのだ!動揺する伊月に、男は余裕たっぷりの、からかうような態度で接してくる。かたくなに拒む伊月だったが、熱心に口説かれ。



「夜ごとの花」の続編にあたる作品。前作では弟の吹雪、今作では兄の伊月が主人公となっている。

夜ごとの花 (リーフノベルズ)

評価:
高岡 ミズミ
リーフ出版
(2003-09)
Amazonおすすめ度:
高校時代に吹雪は、忘れられない恋をした。まっすぐに見つめる眼差し、少し掠れた低音の声。年下の成堯に溺れてしまうのをおそれるあまり、一方的に別れを告げた吹雪は、その恋を心の奥に封印したはずだった。大人の男へと成長した成堯が、兄・伊月の恋人として現れるまでは―。再会した成堯は、まるで復讐するかのように、吹雪の身体を翻弄し、心を激しく揺さぶり続ける。封印を解かれた吹雪の恋の行方は…。出会ってしまえば、愛し合わずにはいられない2人の甘く切ないロマンス。

愛を知らないろくでなし (キャラ文庫)

評価:
高岡 ミズミ
徳間書店
¥ 540
(2007-04-25)
Amazonおすすめ度:
ゲイである秘密を抱え、他人と深く付き合えないでいた穂坂。ある日、怪我をして訪れた病院で、出会った医師の筒見にそれを見抜かれたあげく、無理やり犯されてしまう!!「物欲しそうな目をしているから、きっかけをつくってやったんだ」―以来、所構わず穂坂を陵辱し、翻弄してくる筒見。その残酷な魅力に抗えない穂坂だが…!?白衣に隠された昏い色香―セクシャルLOVE。



 ゲイであることを引け目に感じている地味な公務員・穂坂は、病院で会った医師の筒見に惹かれていく。一度半ば無理やりセックスしたくせに、筒見は次に電話をかけたときには名乗っても覚えていないし、会っても優しくはしてくれない。それなのに、穂坂は筒見のことが忘れられない。
 穂坂は自分がゲイであるかを確認するために行ったハッテン場で出会った男に犯された過去があった。その男を偶然病院で見かけ、筒見が医療事故で訴えられそうになっていることを知ると、証拠を掴むために自分のからだを使った。
 一途な受が好みの自分としてはなかなかよかったが、いかんせん攻がほんとうにろくでなしすぎて救いようがない……! 最後、ちょっぴりいい感じだったかな、というくらいで、穂坂はずっと筒見先生に振り回されていくんだろうなという危惧が拭いきれないかな……。

弁護士成瀬貴史の憂鬱 (講談社X文庫 ホワイトハート)

あんたが俺のところまで堕ちてくればいい―。元特捜部検事の成瀬貴史は、ある日、思いがけない男との再会を果たす。それはかつての同僚であり、成瀬が密かに、けれど熱烈に恋していた男・相澤喬司だ。五年前、成瀬はある男の罠にはまり、相澤を守るため誰にもその事実を告げず、広域暴力団・武藤組の弁護士になった。しかし、その秘密を明らかにする一通の手紙が相澤におくられてきて…。



 なんというすれちがい……。成瀬つんでれすぎるだろう! とちょっとイライラしたりはたまたニヤニヤしたり。
 成瀬を脅して武藤組の弁護士にさせた綿貫が、じつは相澤のほうを狙っていたとかなかなか楽しかったです。綿貫はどS。高校時代同級生だったという相澤と綿貫のあいだになにがあったのか気になる……。
 おもしろくて一気に読んでしまったのだけど、ただひとつ、病室で成瀬と相澤がくっついた経緯がイマイチ不明だったかな……。
評価:
高岡 ミズミ
講談社
¥ 578
(2007-08-02)
Amazonおすすめ度:




CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
OTHER