スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

夏と少年の短篇

評価:
片岡 義男
早川書房
---
(1995-04)
Amazonおすすめ度:
17歳から18歳の少年と少女にとって夏は特別の季節だ。夏の間に、少年と少女は大人への第一歩を踏み出す。初めて自らの意思で理想の異性を意識することによって。―梅雨のあいま、本格的な夏、そして晩夏。それら夏の独特の時間の中で、ほとばしる少年と少女の繊細な官能性のすべてを、さわやかに、端正に表出した片岡義男の青春小説集。「私とキャッチ・ボールをしてください」「永遠に失われた」など清冽な7篇を収録。



CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
OTHER