スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

ブログ移動しました

このブログではカテゴリが管理しにくくなったので、以下のアドレスに引っ越しました。

http://loveshock.blog2.fc2.com/

美味しいカラダ (角川ルビー文庫)

評価:
藤崎 都
角川グループパブリッシング
¥ 520
(2008-11-29)

亡き父の店を弟と二人で切り盛りしているパティシエの麻倉佳久のもとに、ある日松嶋屋百貨店の御曹司・真田隼人が出店の話を持ちかけてきた。デパート嫌いの佳久は話も聞かず断ったのだが、真田はそんな佳久の店を閉店の危機から自らの財力で助けてくれたのだ。真田の真意が分からず何か裏があるのではないかと疑った佳久は、店を売らない保証を得るために自分の体を差し出すと言ってしまい…!?「いい体してると思ってな。さすがパティシエだ」御曹司×パティシエで贈る美味しく甘くてエロい(!?)ラブ・レシピ。

きょうの猫村さん 2

評価:
ほし よりこ
マガジンハウス
¥ 1,200
(2006-05-31)
Amazonおすすめ度:

犬神家に何があろうと、家政婦・猫村ねこは一心不乱に働きます。ときどきお昼寝するけどね。すべては、いとしいぼっちゃんに会うために! 猫村ねこ、猫なりに本日も懸命にご奉公中! ネット発超スロー漫画、第2弾。

シーセッド・ヒーセッド (講談社文庫)

評価:
柴田 よしき
講談社
¥ 750
(2008-07-15)
Amazonおすすめ度:

新宿二丁目の片隅に佇む無認可保育園の園長にして、ハイリスクな依頼も拒まない探偵が副業のハナちゃんこと、花咲慎一郎。元締めから回されてきたストーカー被害の依頼人は一見まともに見えたのだが…。園児たちの笑顔のため、優しすぎる一匹狼が新宿を駆ける。ストーリーテラーが紡ぐ人気シリーズ第3弾。

ルパンの消息 (光文社文庫)

評価:
横山 秀夫
光文社
¥ 740
(2009-04-09)
Amazonおすすめ度:

十五年前、自殺とされた女性教師の墜落死は実は殺人―。警視庁に入った一本のタレ込みで事件が息を吹き返す。当時、期末テスト奪取を計画した高校生三人が校舎内に忍び込んでいた。捜査陣が二つの事件の結び付きを辿っていくと、戦後最大の謎である三億円事件までもが絡んでくるのだった。時効まで二十四時間、事件は解明できるのか。

特殊防諜班 連続誘拐 (講談社文庫)

評価:
今野 敏
講談社
¥ 660
(2008-12-12)
Amazonおすすめ度:

宗教団体教祖の奇妙な誘拐事件が相次いで発生した。教祖たちは無事解放され、一様に何も覚えていない。だが、雷光教団・東田夢妙斎の事件は違った。真相を追う「首相の代理人」真田は、陰にある巨大な陰謀と遥か古代から受け継がれた血の伝承を探しあてる。

ご依頼の件 (新潮文庫)

評価:
星 新一
新潮社
¥ 540
(1989-04)
Amazonおすすめ度:

若いころの事件をたねに、金をゆすられているあなた!殺してもあきたらないほど、憎らしい人がいるきみ!おもいきって、“殺し”はいかがですか?ご依頼の件は必ずやりとげ、絶対安全。あなたには決してご迷惑をおかけいたしません。常識的で、ありふれた世界に安住している人々の意識を痛撃し、人間の心の奥にひそむ願望をユーモアと諷刺で描いたショートショート40編。

タブー/ご依頼の件/れいの女/夜の会話/真相/初夏のある日/防止対策/くしゃみ/アリバイ/外郭団体/出現したやつ/ある休日の午後/待遇/たのみごと/気の迷い/静かな生活/才能/話し声/あるシステム/新しい車/こころよい相手/むこうの世界/運/組み合せ/都市化現象/金銭と悩み/出張/退院/マドラー/バーであった男/ひと仕事/文字が・・・・・・/おととい/もらった薬/西風/輝く星/やつらのボス/依頼はOK/結晶/窓の奥

華火咲いた! (ビーボーイノベルズ)

評価:
剛 しいら
ビブロス
(2003-08)
Amazonおすすめ度:

新人花人師の星次郎が熱く心を寄せる年上の若旦那・染矢・しかしある日、染矢の元恋人で星次郎の兄、貴一が九年ぶりに現れた!それぞれの想いが交錯する中、今年も隅田川の花火大会が開かれる。「おまえを愛しているのは俺だ!」星次郎の激情を託した花火が今、咲き誇る。

きょうの猫村さん 1

評価:
ほし よりこ
マガジンハウス
¥ 1,200
(2005-07-14)
Amazonおすすめ度:

主役は猫の家政婦「猫村ねこ」。昔かわいがってくれた坊ちゃんを探すべく、犬神家に奉公することになるが・・。家庭崩壊しつつある一家を猫村さんが救う!えんぴつの線画がほのぼのとした味わいをかもし出す。

予告された殺人の記録 (新潮文庫)

評価:
G. ガルシア=マルケス
新潮社
¥ 420
(1997-11)
Amazonおすすめ度:

町をあげての婚礼騒ぎの翌朝、充分すぎる犯行予告にもかかわらず、なぜ彼は滅多切りにされねばならなかったのか?閉鎖的な田舎町でほぼ三十年前に起きた幻想とも見紛う殺人事件。凝縮されたその時空間に、差別や妬み、憎悪といった民衆感情、崩壊寸前の共同体のメカニズムを複眼的に捉えつつ、モザイクの如く入り組んだ過去の重層を、哀しみと滑稽、郷愁をこめて録す、熟成の中篇。



CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
OTHER